Menu

鍼・灸

Home

鍼は痛くありません

治療に使用する針は、髪の毛ほどの細さです。
たまにチクッとする程度の痛さですからご安心下さい。
痛くないように丁寧に致します。

こんな方に鍼をお勧めいたします。

ディスポ針(使い捨て)を使用しています。

当院では、ディスポ針(使い捨て)を使用し衛生的で肝炎、HIV感染症などの感染の心配はありません。

好転反応と副作用

鍼治療が全く初めてという方に治療後稀に重さ、だるさ、あくび等の症状が出てくる事がありますが、これを漢方で瞑眩(めいげん)といいます。これは好転反応の現れですからご心配ありません。
薬のような習慣性や副作用はございません。

治療効果と回数

治療の効果は発症して日の浅いもの程早く治る傾向にあります。
一回の治療で強かった痛みや症状がピタリとなくなったり、軽減することがあります。慢性症状もびっくりする程早く症状がとれる事もありますが、気長に続ける気持ちが必要です。

治療は毎日続けた方が効果的ですが、症状により一日おき、二日おき又は一週間に一回程度で良くなっていく場合もありますので指示通りにご来院下さい。

お灸は艾(もぐさ)を用いてツボに熱刺激を加える方法です。

もぐさはよもぎの葉の繊維を精製したものです。
当院でのお灸の方法には、もぐさを直接皮膚に乗せて行う“直接灸”と熱さを感じたらすぐに取り除く“知熱灸”があります。
もぐさの大きさはゴマ粒大から米粒大位です。

WHO(世界保健機構)による鍼灸適応症

・鍼治療は、痛みは勿論の事、痛み以外の様々な疾患に対して効果が期待されています。
・灸治療は、膝関節等に水が溜まり、痛みが生じた時等に対して効果が期待されています。

神経系疾患

神経痛、神経麻痺、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠、神経症、ノイローゼ、ヒステリー等

運動器疾患

関節炎、リウマチ、頚肩腕症候群、五十肩、腱鞘炎、腰痛、外傷(骨折、ムチウチ、捻挫)の後遺症等

循環器疾患

心臓神経症、動脈硬化、高血圧、低血圧、どうき、息切れ等

呼吸器疾患

気管支炎、喘息、風邪の予防等

消化器系疾患

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)、胆のう炎、肝機能障害、肝炎、胃十二指腸潰瘍、痔等

代謝内分泌系疾患

バセドウ病、糖尿病、痛風、脚気、貧血等

生殖泌尿器疾患

膀胱炎、尿道炎、性機能障害、尿閉、腎炎、前立腺肥大、インポテンツ等

婦人科系疾患

更年期障害、乳腺炎、白帯下、生理痛、月経不順、冷え症、血の道、不妊等

耳鼻咽喉科系疾患

中耳炎、耳鳴り、難聴、メニエル氏病、鼻出血、鼻炎、蓄膿、咽喉頭炎、扁桃炎等

眼科系疾患

眼精疲労、仮性近視、結膜炎、疲れ目、かすみ目、ものもらい等

小児科系疾患

小児神経症(夜泣き、疳の虫、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)、小児喘息、アレルギー性湿疹、耳下腺炎、夜尿症、虚弱体質の改善等

ページの先頭へ